20代前半から薄毛に悩み、様々な育毛や発毛法をためしてきた筆者ですが、30代中盤で坊主にするという選択肢を選びました。仕事をしていて、お客さんに会うことも多いので、かなり迷いましたが、数年経った今では坊主なのがまったく普通になっています。

新しく会う人はデフォルトで坊主頭だと認識してくれるので、まったく違和感なく接してくれます。
(当たり前だと思いますが)

最近はAGA治療や植毛技術も発達していますが、それなりに継続して通ったりお金がかかるので、経済的な負担も出てきます。色々試しても効果が出ない方も中にはいるでしょう。

筆者自身は今でも少し諦めていませんが、薄毛を隠すことに辟易して、坊主にしました。
最初はかなり羞恥心で周りの目が気になりましたが、今では快適に過ごしています。

そこで、経験者として坊主にしたメリットのみを書いていきたいと思います。




美容院に行く必要がなく、非常に経済的

バリカン一本で月の床屋代は実質0円に!

バリカンで頭を刈るだけですからかなり経済的です。
筆者はすでに3年以上を2,000円くらいのバリカンでセルフカットしており、美容院に行っていたころの一回5,000円近い費用がゼロになっています。

月に2回くらい自分で自分の頭を刈っているのですが、バリカン自体問題なく使えていますし、バリカンを維持する費用といっても、歯の部分に付けるミシン油くらいのものです。

ミシン油は100円ショップで買えますよ。

自分で刈るのはちょっと自信ない、という方でも最近ではワンコイン500円くらいで坊主ならやってくれる床屋もあるようです。

シャンプーやコンディショナー、整髪料などもいりません!

シャンプーを使う量もかなり減ります。リンスやコンディショナーだって当然必要ありません。
シャンプーは一本買えば半年は持ちます。
今まで薄毛を隠すために使っていた、ムースやワックスなどの整髪料も不要です。

というか使う余地がありません。

ですので、これらにかかっていた費用もすべて軽減されます。
筆者はその分頭皮に良い良質なシャンプーを購入するようにしています。


BAKUシャンプープレミアム

薄い部分を隠す必要がないので、風に強くなった

M字ハゲの筆者にとって、何が一番嫌かっていうと風です。
特に、春先の強い風は容赦なくM字部分の薄いゾーンを白昼の元にさらしますので、風が怖くて憎かった覚えがあります。

外を歩いていても、帽子をかぶるか、常に頭を押さえて歩いていました。
女子高生が通り際に笑った際は自分の頭を見て笑っているんじゃないのか、など被害妄想の塊のようになっていました。

坊主にすると風に吹かれる程の長さもないので、全く気になりません。
これが筆者にとって最大のメリットで、常に風が吹くたびに手で押さえていた髪を押さえなくて済みました。

これが一番ストレスフリーです。

頭皮を清潔に保ちやすい

髪の毛が短い分、頭皮をしっかりと洗うことが出来ます。
伸ばしていた時よりも、頭皮を指先で確認しながらマッサージもしやすくなります。

坊主にしたから後は禿げちらかしても良いや、と簡単に諦められるほど、薄毛の悩みというのは軽いものではありません。筆者にしても、どこかで今の頭皮環境がよくなり、少しでも現状維持をしたいという気持ちはあります。

30代くらいから、加齢臭など身体の臭いも気になってきますので、少しでも清潔に保てるのは良いことだと思います。
体臭に役立つ プレモン石鹸

特に夏場は汗をかいても、タオルで一拭きで乾きますし、頭にタオルを巻いてあるけば、汗もしたたり落ちません。本当に夏場はかなり快適ですよ。


いきなり坊主にするのに抵抗ある人は短髪から徐々に

ある日、突然坊主頭にして会社に出社するというのは、誰でも抵抗あるでしょう。
坊主にするというのは、かなり決断がいることで、見た目も大きく変わるのでそれなりに周囲の注目を集めます。

今まで人からの視線を気にして薄毛を隠していた人にとっては、薄毛部分をさらすわけですから、かなりの勇気と決断が必要です。

そこで筆者が提案するのは短髪、ベリーショートな髪型にして徐々に坊主に近づけていくやり方です。
短髪にすると、かなりすっきりしますし、清潔感も出てきます。
風通しが良いので、頭皮の環境にも少なからず良いでしょう。

もし、短髪が気に入れば、無理に坊主にする必要ないですし、何より隠さなくて良いというのは、ストレスをかなり軽減します。

冒頭でも書きましたが、AGA治療や育毛、植毛にしても、継続してお金がかかります。
負担できる方であれば、選択肢をしては有意義なものだと思いますが、みんながみんなAGA治療や植毛にお金をかけられるわけではありません。

坊主頭にするのは勇気がいりますが、今までストレスに感じていたことが軽減することは確かです。
坊主にすべき、とまでは言いませんが、育毛や発毛に行き詰まりを感じたら思い切ってみることも、一つの選択肢なのではないでしょうか。


馬油石鹸シャンプー