若ハゲの悩み

若ハゲの悩みって育毛対策に力を入れても、なかなか思うように成果が出ないことがありますよね。

育毛シャンプーや育毛剤を使ってケアしているのに、抜け毛が減らない。
おでこが日々後退しているのが、分かって辛い。。

筆者も20代の頃は、毎日鏡の前に立ってそう思ってました。

ただ、気持ちの持ち方やファッションを変えるだけで、若ハゲに対して前向きな気持ちになることが出来ます。

ハゲに悩んでいる方、若ハゲが原因で人前に出るのが億劫な方、ちょっと考え方を変えてみてください。ちょっとした工夫で気持ちが楽になります。

今回は、筆者が実際にやってみて、少し気持ちが楽になった、5つの方法を紹介したいと思います。
AGAクリニックでも、育毛サイトでも教えてくれない方法ですよ!




1. 同年代、自分よりハゲている人を見つけて安心する。

同年代で自分よりもハゲている人を探して、ちょっと安心する、という方法です。
まだまだ自分も彼と比べれば大丈夫、と。

若ハゲの悩みは、気持ちの悩みである部分が大きいです。
AGAは、それがただちに日常生活に影響を及ぼすような、身体の病気ではありません。

同士にはちょっと悪い気持ちもしますが、心の中の話なので問題ないでしょう。

人のハゲ見て我がハゲ治せ!ではありますが、ちょっとでも気持ちを緩和できます。

2. ハゲている芸能人をみて安心する。

これも他人のハゲを見て気持ちを和らげる方法ではあります。

しかし、芸能人など一般人よりも見られる職業で、ハゲている方はどうしているのだろう。
そういう視点でみると、自分の薄毛への取り組み方やファッションなんかの参考にもなります。

いしだ壱成さんは、最初はトレンディードラマの俳優として、若い頃は武田真治さんと並んで、一世風靡したこともあります。
40歳を超えた彼は、頭皮も薄くなり始め、最近ではテレビのバラエティー番組で、薄毛のことをいじられるようにもなりました。

誰だってハゲる時は禿げるんです。

いかにして、テレビの人たちはコンプレックスに向き合っているのか、研究するために薄毛の芸能人を意識してみることも、自分自身の参考になりますよ。

根本的な解決にはなりませんが、薄毛でも多くの人の前にでることが職業の方を見て、習いましょう。

3. 髪型を変えてみる。

意外と違和感のない、自分にあった髪型というのがあるものです。
このサイトでは、禿げは短髪か坊主をお勧めしていますが、

今まで髪を伸ばしてハゲを隠していた方、どこに行っても帽子をかぶっている方。
一度思い切って、現在の髪型を変えてみてはいかがでしょうか?

美容師さんにきちんと薄毛のことを相談して、自分に合った髪型を提案してもらいましょう。
筆者も、髪型を短髪にするようになって、気持ち的にはかなり楽になりました。

今まで自分は、短髪は似合わないと思っていた方、思い切って短髪にしてみたら、意外と似合うかもしれませんよ。



4. 髭を生やしてみる。

髭とハゲ

ハゲというのは、顔の若さと対照的であればあるほど、違和感を感じさせるものです。
若ハゲに悩むのは、その見た目のギャップが一番大きいのです。

これが歳相応にハゲていれば、見た目に対してあまりギャップは生まれません。

このギャップを少なくするために、髭を生やすのです。
アゴヒゲを生やしている方を最近よく見かけます。

筆者も昔生やしていたことがあるのですが、髭を生やすだけでも、多少薄毛の違和感は緩和されます。

老けて見られたくない!という方には、あまりお勧めできませんが、ちょっと印象を変えたい方にはお勧めです。

5. メガネをかけてみる。

メガネ

目が悪くない方でも、メガネをかけて出歩いてみると、少し印象が変わります。
メガネって、少し自分の顔を隠すので、今までの恥ずかしさが少し和らぎます。

すでにメガネをかけている方も、縁の大きなメガネに変えるなど、イメージチェンジをしてみてはいかがでしょうか?

メガネは坊主とも相性が良いです。

筆者は坊主にしたいということを、一度だけ人に相談したのですが、その際ヒゲ生やしてメガネかけるとよいんじゃない?と言われたことがあります。

ちょっと変わった雰囲気にはなりますが、メガネと坊主の組み合わせも意外と悪くないですよ。

****

いかがでしょうか?

若ハゲに悩んでいる方は、ちょっとした考え方や、ファッションなどで、ずいぶんと気持ちのうえでも楽になります。
育毛対策もさることながら、若ハゲに対しての気持ちの持ち方やファッションをちょっと見直すことも、若ハゲに悩む方に必要なことなのです。

育毛やAGA治療に行き詰まった方、ぜひ一度試してみてください。