カツラ

40代でハゲ・薄毛に折り合いがつきつつある筆者ですが、時々思うことがあります。

それは、髪の毛がM字部分にもすべて埋まっている自分が想像できないということ。

坊主にして4年以上経つわけですが、家族写真などに納まっている写真は、すべて坊主頭なので、髪の毛があった時の自分を想像できませんし、周りの方も思い出せないと思います。

髪の毛に対して未練がまったくないといえば嘘になりますが、ここからフサフサになったとしても、逆に違和感があるのではないかと思うのです。

変な意味で、せっかく増毛したのに、「やっぱハゲ気にしてたんだ!」みたいな陰口をたたかれそうで。

筆者のように、結構禿げてるところからフサフサって逆にどうなんだろう?みたいなことについて考えてみました。




たとえば僕が植毛で髪の毛がフサフサになったら笑われるのではないか?

たとえば、明日にでもすぐ、筆者の髪の毛がフサフサになっていたとします。

これは、逆にみなさんドン引きする可能性がありますよね。

坊主にするよりむしろ声をかけにくこと、この上ないと思います。

そして、陰で坊主にした時よりも笑われそうな気がしてなりません。

コンプレックス隠しを暴こうとする日本。

日本に限った話ではないのかもしれませんが、コンプレックス隠しに寛容ではないですよね。みなさん。

よくカツラを付けている男性に対して、「あいつ!あれ、カツラだよな!」とカツラを見抜くような言動をする人って結構多いですよね。

テレビ番組で登場するタレントやニュースキャスターなんかでも、本人は言及していないけれど、カツラ疑惑のある人は結構います。

確かに不自然な髪の毛のボリューム、生え際が気になることは気になりますが、そこまで揚げ足を取らなくても、と同類として思ってしまいます。

もちろん、ちょっと気持ちは分かりますよ。

身長の低さを隠すためのシークレットブーツとか、身体的コンプレックスを隠すグッズを暴こうとする傾向はあります。

隠したくなる気持ちがちょっと分かるからこそ、いじわるしちゃうみたいな。

ほっといてくれ!ですよね。

少し濃くなったくらいがちょうど良いのかもしれない。

一度薄毛になってしまった人に髪の毛が生えてくると、何かやった?増えた?と逆に興味を抱かれてしまいます。

植毛をやっている方は、結構びっしりと生え際も埋めてくるので、たしかに違和感を感じます。

あれほどなくなっていた髪の毛が、自然治癒でそんなにびっしり生えてこないことくらい、誰だって分かりますから。

もちろん、そういったことも時間が解決してくれるとは思います。

しかし、せっかく髪の毛が生えてきたのに、増毛の方法を問われることは、自分は禿げている(いた)と言われているのと同じことです。

中には、増毛したことすらからかうような人もいるので困ったものです。



やっぱり徐々に自然に増えてくる、という意味でもAGA治療が最適なのかもしれない。

日々一緒に生活していたり、毎日のように会っていると、人の変化ってなかなか気が付きません。

たとえば5kgを1ヶ月かけて痩せたとしても、毎日会っていると、言われてみればたしかに痩せたかも、と感じるくらいです。

しかし、1ヶ月前に会った人にとってみれば、はっきりと痩せたように見えます。
ただ、そのくらいがちょうど良いのです。毎日一緒にいる人が気が付かず、久々に会った人に「おや?なんか感じ変わった?」くらいが。

増毛についても、「あれ?なんか髪の毛増えた?前からそんな感じだったっけ?」という感じがちょうど良いと思います。

筆者の義弟が、個人輸入でフィナステリドを購入しているようで、1年ぶりに会った時、「あれ?生え際に髪の毛増えてない?」と思い、あとで妻に確認したところ、妻も同じように感じたそうです。

誰かに確認して、「だよね!」というくらいがちょうど良い。

まったく違和感がありませんでした。

↓ フィナステリドの個人購入はこちらをクリック ↓

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg

増毛もほど良い感じっていうのは難しいですね。

やはり若いうちから、きちんとした対策するのが一番だと感じます。

 

↓ 自分の髪の毛にこだわる男のAGAクリニックはこちら ↓

発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

↓ 頭部が禿げている人に朗報!AGA治療を無料で体験するチャンスだ ↓

薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集