「生活習慣」の記事一覧

プロペシア(フィナステリド)の副作用は子作りへの影響があるのか。

AGA治療について 生活習慣 発毛対策について
子作りで喧嘩

AGA治療の飲み薬「プロペシア(フィナステリド)」には副作用があることは、AGA治療を気にしている方には既知の事と思います。副作用の中には「肝機能の低下」「性欲の減退」などが主にあげられます。 筆者もそうですが、副作用に不安を感じて、プロペシアやフィナステリドの服用に躊躇をしている方も多いと思います。 中でも新婚さんや、子どもが欲しいという夫婦の方にとってみると、副作用の「性欲減退」がかなり引っかかりますよね。

その薄毛、飲酒が原因?酒好きの男性芸能人に学ぶ飲酒とハゲの関係性。

生活習慣
酒と薄毛の関係性

以前、このサイトでも書いたのですが、筆者は飲酒や喫煙、特に晩酌を始めてから急激にハゲが進行したように思っています。 よく喫煙は血管を縮小させるので、頭皮によくないと言いますが、筆者は個人的には喫煙よりも飲酒の方が薄毛の進行を促しているのではないかと思っています。 ということで、今回はハゲ・薄毛と飲酒の関係性について、酒好きを公言している男性芸能人を例に考えてみたいと思います。

平日の禁酒をしたら抜け毛が減った?!飲酒とハゲの因果関係について考察してみた。

生活習慣
飲酒と抜け毛の関係

最近、アイドルグループTOKIOの山口達也メンバーが、酒に酔ったうえで女子高生にセクハラ行為をしてしまったニュースが世間をにぎわせていました。結局、芸能界引退という結果になってしまい、これを機にアルコール依存症の話題が注目されています。 このサイトでも書きましたが、若ハゲの進行が急激に進んできたのは、20代から始めた晩酌に大きな影響があるのではないかと思っています。喫煙も影響するとは言われていますが、筆者の場合はお酒との因果関係が高いのではないかと思います。 では飲酒により、抜け毛が増え、若ハゲが進行する原因について考えてみましょう。

一番発毛しにくいと言われるM字ハゲ。育毛対策は早めに継続的に!

生活習慣 発毛対策について 育毛対策について
育毛、発毛イメージ

筆者自身もそうなのですが、薄毛の中でも一番発毛しにくいと言われるM字ハゲ。 M字ハゲとは、額の両サイドからちょうどMというアルファベットを描くように薄毛が進行していきます。 頭のてっぺんから薄毛が始まる人より、このM字ハゲの方がAGA治療においても、発毛がし難いそうです。 (もちろん個人差はあると思いますので、きちんとAGA治療のクリニックでカウンセリングを受けてみることをお勧めします。)

若ハゲは薄毛に悩むなら、せめて筋トレで肉体改造をしよう。

生活習慣 若ハゲのメンタル 若ハゲの身だしなみ

突然ですが、筋肉は裏切りません。 よく男性を馬鹿にする言葉で、ハゲ、デブ、チビという言葉があります。 チビとハゲは自分では抑制が難しいですが、筋肉は自分でコントロールすることができます。 そうです。若ハゲに悩んでいる方は是非、筋トレをやってみて欲しいのです。 筆者自身はほぼ若ハゲに関しては、手遅れ状態からの筋トレではあったのですが、数年間自重トレーニングを継続することで、生活面や体調にもかなり変化がありました。

20代の若ハゲに悩む人は見直そう!禿げやすい人の5つの特徴。

生活習慣 若ハゲのメンタル

若ハゲは早い人だと20代から進行が始まります。 育毛剤や育毛シャンプーなど色々と試しましたが、今考えてみると生活習慣の面で、禿げる生活を送っていたのだと思います。そこで、若ハゲになりやすい人の特徴を挙げてみました。 気になる方は、若いうちから意識して取り組むことで、若ハゲの進行を予防しましょう。

ページの先頭へ