人工植毛

若ハゲや薄毛に悩んでいる方の中には、AGA治療が良いのか、人工植毛などの増毛が良いのか、悩んでいる方も多いことと思います。

AGA治療は、効果がでるのに最低でも3ヶ月から6ヶ月程度はかかると言われています。
効果が出るまでの時間だけでなく、効果が出た後に、現状継続することでさらにお金もかかってきます。

AGA治療は平均して月々数万円かかりますので、通年にすると結構な費用になります。
それに対して植毛は確実に毛を植え付けるわけですので、見た目の効果は見られるわけです。

では、実際問題どちらを選択したら良いのでしょうか。

AGA治療と植毛のメリットやデメリットについてまとめてみます。




自分の毛髪を増やすAGA治療には時間と継続が必要

自分の毛髪を増やすAGA治療は、最低でも3ヶ月から6ヶ月継続する必要があります。
根気よく治療して、めでたく生えた髪の毛を活かすためには、さらに内服薬の服用など、AGA治療を継続していく必要があります。

当然、髪の毛を維持するためのお金も時間もかかり続けます。
ただ、AGA治療の良いところは、自分の髪の毛が生えてくること。

薄毛にとってみると、自分の髪の毛が復活することはなによりの喜びですし、それを目標に育毛や発毛対策に取り組んでいるわけです。
やはり、人工的に毛を増やすのではなく、あくまでも自分の髪の毛が欲しい、というのは禿げの希望でしょう。

最近では、AGA治療で処方されるフィナステリドプロペシアなどの錠剤を、個人輸入で入手する方も増えているようです。中には粗悪品や偽物を掴まされてしまうような場合もあるそうですが、信頼おける会社から定期的に個人輸入をして、自分でAGA治療をしている方も増えているそうです。

(ちなみに筆者の知人にもひとり個人輸入で復活した方がいます。)

<<信頼の個人輸入はオオサカ堂>>

AGA治療の効果は人それぞれ。

しかし、AGA治療の効果は人それぞれです。
いくらお金と時間をかけても、薄毛のタイプによっては効果が出ない場合もあるそうです。

筆者自身経験あるのですが、いつ効果が出るか分からないものを、続けて良いのかどうか分からずに、対策を諦めてやめてしまうケースもあります。
育毛や発毛効果は結果論ですので、継続していれば薄毛進行を阻止できたかというと定かではありません。

使った時間とお金が必ず報われるかどうか、分からないのに継続するのは、ゴールが見えないマラソンをしているようなものです。
AGA治療は一定の効果が見込まれるようですが、すぐに毛が欲しい、ちょっとでも早く若ハゲを隠したい、という方には向いていないかもしれません。

どうしても薄毛が嫌な人は人工増毛も選択肢に。

薄毛が本当に嫌で、一刻も早く解決したいという方は、筆者のように坊主にしてしまうというのも、一つの選択肢です。

しかし、坊主なんて嫌だ!どうしても髪の毛が欲しい!という方には植毛で増毛するというのは一番手っ取り早い方法です。継続して少しづつ効果を出していくAGA治療とは異なり、植毛による増毛は確実に髪の毛のボリュームは保証されます。



AGA治療の効果が見込まれない方、またはすぐに結果にコミットしたい方。

しかも、自分の欲しい量の髪の毛に調整できるのが最大のメリットです。
気になっている箇所に自分の好みで髪の毛の量を調整できるのです。

あくまでも自分の髪の毛ではないので、その点において享受できる方であれば、AGA治療より安価で確実に髪の毛の悩みを解決できる手段ではないかと思います。

AGA治療において、効果が見られずに悩んでいる方などは、思い切って人工植毛という手段を検討してみてはいかがでしょうか。

アデランスの人工植毛。

増毛といえばアデランスが有名ですよね。
かなりの老舗で、芸能人を起用したテレビCMも結構頻繁にやってます。
経営的な観点から見ると、テレビCMを打てるだけの売上と、それだけ売り上げる信頼と実績があるわけです。

自毛による植毛は自分の髪の毛を、後頭部など髪の毛の濃い部分の毛を、薄い部分に植え付ける手術をします。
アデランスの人工植毛マイクロリターンの場合は、自分の髪の毛を損なうことなく、本物に近い人工毛を植え付けることができるのです。

水泳や風呂などの水をかぶる場面でも全く問題ありません。

会社の都合で坊主に出来ない、AGA治療や育毛みたいに継続して対策が出来ないという方は、是非植毛という選択肢も視野にいれてみてください。

自分の毛ではなくても、髪型が変わるのは自信に繋がりますよね!

アデランス無料増毛体験実施中!