40代のハゲとの付き合い方

20代の頃は悩みに悩んだ若ハゲも、40代の方にもなると、若ハゲというには遅い普通のハゲに変わってきます。」

同窓会で会う同級生も、みんな生え際が後退し始める時期ですね。

マルコメ君

お!お前も禿げてきたな!

なんて会話も普通になってくる年齢です。

筆者は2018年で42歳。

同年代ではまだまだ自分ほどハゲ上がっている人を見かけることは少ないですが、みんなおでこが広くなってきています。

facebookを見ていると、同級生が歳を取ったのがよく分かりますよね。

さて、40代からの禿げとも向かい合い方についてです。

筆者はすでに30代中半で坊主にしてしまいました。

40代は中年ですが、まだまだ男性としてはこれからです。

薄毛に対しても、どう向き合うか考えさせられる年代です。

今回は、40代は薄毛とどう向かい合うべきか?について考えてみたいと思います。




顔の年齢と、髪の毛の年齢が自然になってくる。

若い頃の薄毛は、見た目のギャップが激しいことから、自分でもショックが大きいです。

40代になってくると、目じりの皴やほうれい線も目立ってきて、薄毛と顔がだんだんとマッチしてきます。

あまり喜ばしいことではないのですが、おっさん化してきたのが、自分でもはっきりと分かるようになってきます。

その分、薄毛にもあまり違和感がなくなってきます。

とはいうものの、悩んでいる人は多いです。
(筆者もあきらめたと言いつつ、本音は髪の毛欲しいです)

同じ年齢である、妹の旦那は、自宅でAGA治療をして、見事に生え際が復活してきました。

彼は営業マンで人と接する商売ですので、常にファッションなどの見た目には気を配っていました。

結婚式の際は、同僚から薄毛をいじられる場面もあり、笑ってましたが、本人なりに悩んでいたようです。

40代でもやっぱり気になる人はかなり気になりますよね。

40代から始めるAGA治療。

現在40代の方は、20代のころはAGA治療というものがありませんでした。

ミノキシジルを使ったリアップが話題になっていたくらいで、まだ内服薬で発毛を促すということは、日本ではあまり一般的ではありませんでした。

AGAという言葉も、筆者が30代に入ってから、電車の広告などで知るようになったくらいです。

今の40代、50代以降でハゲ散らかしている方は多いのは、これといった治療法がなかったからだと思います。

その点、今はAGA治療という、かなり効果の高い治療法があるので、40代にとっては羨ましい限りです。

筆者が20代だったら確実にAGA治療を選択していましたね。

仕事中でもデートでも、生え際を隠すことで頭がいっぱいでしたから!

家族ができると、自分だけの自分の見た目ではなくなってくる。

40代ともなると、20代とはライフスタイルがガラッと変わる方も多いです。

特に家族、特に物心ついたお子さんのいる方は、父親の見た目は自分だけのものではなくなってきます。

妻が嫌がるなんてのは、割と優先順位が低いんです。

でも、子どもが小学校でからかわれたりしたら、かわいそうだと思うのです。

小学生は意外と残酷です。

平気で見た目のことをからかいますし、親のことや、家庭の貧困状態などを理由に、子どもがからかわれたりもします。

現に筆者は幼稚園で、他所の子どもに坊主頭をからかわれた経験があります。

ですので、子どもの為にも、格好良いパパでいたい、という気持ちは沸いてきますし、自分だけが良ければ、というわけにもいかなくなるのが、40代以降なのです。




家族持ちは、AGA治療に通う時間も限られるので、自宅治療が最適。

では、AGA治療をはじめよう。

といっても、AGAクリニックに通うには、時間もお金も必要です。

お金と時間の自由が利く方であれば良いのですが、たいていの40代はゆとりがない方も多いのではないでしょうか?

クリニックに足を運んで相談する、という過程も正直面倒になってきます。

今はネットでの情報も散乱しているので、情報を集めて自分でなんとかしたいと考えてしまいますよね。

ためすなら個人輸入でフィナステリド。

AGA治療で処方される薬を、海外から個人輸入代行という形で購入することもできます。

先述した、義理の兄弟も個人輸入代行を活用しています。

ただ、何を購入したら良いか分からない方も多いでしょう。

そういう方は、まずはミノキシジルフィナステリドを、併用すべきなのだと思うのですが、いずれも副作用があります。

筆者は以前、ミノキシジルが入っている、リアップを使用していたのですが、どうも体調が思わしくなく、使用をやめました。

具体的にいうと、息苦しくなるという症状がおきました。

当時は、仕事もかなり厳しく、ほとんど休みなく徹夜や深夜残業も重なっていたので、ミノキシジルの副作用なのかは不明です。

しかし、今までなかった症状なので、怖くてやめてしまいました。

フィナステリドについては、男性機能の低下などが挙げられていますが、個人差はあるようです。

副作用が起きた場合は、すぐに医師に相談を。

やっぱり、自己判断で薬を飲むって、風邪薬でもないので怖いですよね。

当時は副作用にしても、病院でAGAのことを相談できなかったので、自己判断しかありませんでした。

しかし、最近は一般の皮膚科でも、AGA治療について相談できるので、安心です。

万が一、少しでも体調が悪くなれば、相談できるというのは心強いですね。

AGAクリニックは、無料カウンセリングを行っているので、とりあえず話を聞くだけ聞いてみるのも良いと思います。

AGA治療に関する無料カウンセリングはこちら
発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

働き盛りの40代。薄毛でも格好良くいるために。

最後に、40代は薄毛に対してあきらめる、治療を受ける、のはざまの年代です。

一番働き盛りですし、それなりに男性としても仕事面でも魅力の出てくる年齢です。

まだまだ、若い女性にもモテる人はモテる年齢です。

精神的な負担があまりなく、薄毛の治療に取り組めるのも40代。

筆者のように諦めて丸坊主にするも良し!これからAGA治療に取り組むも良し!

薄毛に悩んでいる40代は、2択で考えてみましょう。

中途半端に禿げ散らかしている中年が一番だらしない!

40代薄毛、もっと格好つけても良いと思いますよ!

自宅でAGA治療をするなら個人輸入代行がおススメ
フィナステリドの個人輸入代行は、20年運用実績「安心のオオサカ堂」