子作りで喧嘩

AGA治療の飲み薬「プロペシア(フィナステリド)」には副作用があることは、AGA治療を気にしている方には既知の事と思います。

副作用の中には「肝機能の低下」「子作りへの影響」などが主にあげられます。

筆者もそうですが、副作用に不安を感じて、プロペシアやフィナステリドの服用に躊躇をしている方も多いと思います。

中でも新婚さんや、子どもが欲しいという夫婦の方にとってみると、副作用がかなり引っかかりますよね。

「今後の子作りに影響しないかな?」

と思っている方も多いと思います。

では本当に、AGA治療薬が子作りに影響するのでしょうか?




子作りそのものは相性の問題が大きい。

女性には出産適齢期がありますので、30歳を過ぎたくらいから、子どもが欲しい女性は焦り始めます。

それに反して、男性は身近な女性への「異性としての興味」が薄れる傾向にあります。

より若い女性、健康的な女性への興味というのは、男性の持った動物の本能なので、こればかりは治しようがありません。

ただ、子どもができない、子作りがうまくいかないことで、離婚にまで発展するようなことも多いので、結婚されている方はしょうがない、では済まされない場合もあります。

男性が考えている以上に、出産について女性は真剣に考えているのです。

しかし、男性は女性の焦りを感じると、行為自体におよび腰になってきてしまいます。

筆者も経験がありますが、義務感が出てしまうと途端にやる気が失せるものなのです。

ですので、子作りとAGA治療は一概に結び付けられるものではありません。

どちらかというと、夫婦の関係、男女のあり方にかなり影響があるのではないでしょうか。

ストレスや疲れも影響するので、一概にAGA治療のせいとは考えにくい。

とは言っても、フィナステリド成分の副作用として、男性機能の低下は事実としてあるようです。

しかし、あくまでも減退であって、機能がなくなるわけではありません。

男性機能は年齢を重ねるごとに減退していくものですし、仕事の疲れやその日の気分によっても大きく変わってきます。

一概にAGA治療がすべての原因とは考えにくいと思われます。

薄毛を気にしている方は、それ自体が日頃のストレスとなっています。

ですので、むしろAGA治療をきちんとして、自分に自信が持てるようなれば、気分も変わって体調も良くなってくるのではないかと思います。

↓ 全国でAGA治療が相談できるクリニック ↓

発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

特にお酒を飲む方は、AGA治療薬を服用中は控えるようにしたい!

フィナステリド成分は内服薬なので、肝臓にも負担がかかります。

特にお酒を飲む方は、AGA治療薬を服用中は、ダブルで肝臓に負担をかけることになるので、お酒は控えたいところです。

肝機能の低下は、身体全体に影響しますので、AGA治療以前に控えたいところです。

筆者の経験上、大学生のころから晩酌を始めるようになり、20代はかなり飲んでいたので、肝機能に影響が出てハゲてきたのではないかと勝手に思っています。

肝機能が低下していると、全身がだるかったりして体調があからさまにおかしくなります。

そういう状況では、やはり子作りも難しくなってきます。

健康管理は髪の毛にも、子作りにも影響しますので、薄毛に悩んでいるのであれば、なおさらお酒は控えるべきだと思います。

お酒好きな方は、断酒や禁酒など極端なことをやると逆にストレスなので、休肝日を設けるなど、無理のない範囲で健康管理をしてみてはいかがでしょうか。

↓ プロペシア、フィナステリドの個人輸入は ↓

運用実績20年安心の個人輸入代行「オオサカ堂」