ハゲキン

先日、Youtuberのヒカキンが、自身の動画で「実はハゲている」という旨の動画を配信して、話題を呼んでいました。

【暴露】実はマジでめっちゃハゲてます。。。【ハゲキンTV】

有名人のハゲネタというのは、時には薄毛に悩む人の慰めになります。

薄毛であっても人前に出る職業をしていて、薄毛であっても格好良い、こういう方は今後自分がどう薄毛と向き合っていくかの参考になるからです。

しかし期待していた内容とは異なり、ハゲキンというヒカキンコラボのぬいぐるみの紹介でした。

ちょっとがっかり。。

とは言いつつヒカキンなりに、自分が禿げることについて語っています。

ヒカキンは「他者を傷つけるような動画は配信しない」というポリシーを持ってYoutubeを運用しているそうなので、結構薄毛に関してもポジティブに、ヒカキンなりに励ましのようなものを感じました。

とはいえ、真性のハゲである筆者から見ると、どうも安全圏からのハゲネタであるように感じました。

今回は、真性のハゲからみた、ヒカキンの禿げ動画について感想を述べてみたいと思います。




ちょっとキテいる程度で薄毛をネタにしないでほしい。

ここから筆者のヒカキンさんの動画に関する感想です。

真性のドハゲの筆者からすると、「俺もちょっとキテるんだよね~」「俺も最近やばくてさ」なんていうのは、中途半端なハゲアピールをして欲しくない、というのが本音です。

だって禿げてねえじゃん!!

よくお笑い芸人でも、そこまで禿げていないのに、ハゲているアピールして、ひたいを見せている方がいますが、そういうのは真性のハゲにとってみると、むしろやめて欲しい感じです。

いたずらに薄毛をネタにしないで欲しい。

あえてネタにするほど禿げてもいないのに、ネタとしてハゲをピックアップしてほしくないです。

ハゲをネタにすることで、ハゲのことなんて考えてもいなかった人にとって、「禿げネタは笑っても良い」「お前も禿げているよな!」とハゲのことを連想させてしまうからです。

薄毛で悩む人にとってみると、掘り起こして欲しくなかったコンプレックスを、あえて掘り起こされているように感じてしまうのです。

セクハラといえばセクハラですよね。

当然禿げネタを前にすると、薄毛に悩む人にとっては、居ずらい空気になりますし、完全にもらい事故になってしまいます。

ヒカキンなりの禿げへのエール。

否定的な感情もありましたが、ヒカキンの「男の魅力は髪の毛だけではない」という主旨のお話は共感できました。

とは言いつつ、外見に自信を持てないと、なかなか自分の内面に対しても自信を持つことはできません。

Youtuberとして大成しているヒカキンが、もっと禿げていたら、もっとハゲに取っても励ましになるのかもしれません。

本人にとってみれば程度の差こそあれ、気になることだったのだとは思います。

悪気があってネタにしているわけではないと思うのですが、ちょっとハゲネタに関しては、敏感になっている人間にとってみると、薄毛をネタにしている動画などをみると、ちょっと思うところがあるわけです。