年齢がハゲに追いつく

若ハゲの悩みは年齢や顔と、毛髪の状況が一致しない、違和感が笑われる原因です。

歳を取っていくうちに人間は顔にしわが出来、目の周りがたるみ、歳相応の見た目になります。
髪の毛がずっとフサフサの人も中にはいますが、加齢によって、どんな方でも多少髪の毛は薄くなってきます。

若ハゲは若いゆえの悩みであって、加齢とともに諦めがついてくるものでもあります。
また、ハゲがその人の味になってくる年代もあります。

では、どのくらいからハゲに年齢が追い付いてくるのでしょうか?
今現在、薄毛で悩んでいる方は、それがいつまで続くのでしょうか?

筆者も当時は先が見えず、ただただ若ハゲが恥ずかしかった。。





40代から50代にかけて、徐々に年齢がハゲに追いつく。

年齢がハゲに追いつくのは、大体40代から50代でしょう。
人によりますが、40代からじょじょに顔が老化して(老けて)いきます。

気持ちはいつまでも若いつもりでも、鏡をみると「俺、老けたな」と感じるようになるのが、40代です。

そのころから、薄毛に対しての諦めが付いてくる人もちらほらと出てきます。
筆者もまさにそう。

結婚詐欺ではありませんが、結婚してからは、育毛剤を使っているのが恥ずかしくて、徐々に育毛剤を使う機会が減っていきました。スカルプシャンプーは使っていたのですが、育毛剤を使っていることは、独り暮らしの時に隠していたので、そのまま使わなくなってしまいました。

30代後半になって、子どももでき、自分のことに時間もお金もかけられなくなってきて、自然に薄毛のことから頭が離れていきました。(頭からは毛も離れていきましたが)

年齢がハゲに追いつくのもそうですが、40代過ぎて家庭を持つようになると、育毛どころではなくなってくるのかもしれません。
運動会に行くと、明らかに禿げたから坊主やスキンヘッドのお父さんもかなり見かけますし。



20代、30代はAGA治療でしのぐ。

筆者が20代の頃は、AGA治療などというのが一般的ではありませんでした。
ネットで育毛の情報を集めては、実際に育毛剤を試してみる、の繰り返しでした。

当時は、育毛はあくまでも、薄毛進行防止でしかないのを、発毛と勘違いして、濃くなるんじゃないかと続けていました。

お金と時間を捻出できる人は、20代や30代ではきちんとAGA治療を受けることです。
はっきり言って、育毛対策は自分で出来ても、発毛を自分でおこなうのは難しいです。

育毛剤は抜け毛は防止できたとしても、抜けた部分に髪が生えてくることはありません。

やはり、発毛に関しては、きちんとAGAクリニックで治療すべきだと思います。
若い頃の時間は大切です。

悩んで過ごすより、ちょっと仕事頑張ってAGA治療で、悩みのない生活を送りたいですよね。
AGAクリニックは、無料でカウンセリングしてもらえるところも多いです。

若ハゲに悩んでいる20代の方は、まだ先が長いです。
まずは、AGAクリニックで無料でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

無料カウンセリングはこちらから【AGA治療発毛専門クリニック】