ハゲは手ぬぐい

紫外線の厳しい季節がやってきました。
外を歩いていると、汗がしたたり落ちるシーズンです。

紫外線の強いシーズンは、若ハゲにとっても露出した頭皮を守る対策は必須です。
筆者は帽子をかぶらずに炎天下に出て、頭皮が焼けるような暑さと痛さで夜も満足に眠れないことがありました。

どうせハゲているから、と高をくくって紫外線対策を取らないと、毛髪以前に身体にダメージが蓄積します。

サマーシーズン間近、夏のハゲが頭皮を守ってお洒落に決める手ぬぐいファッションを紹介します。



バンダナより、幅広い年齢層にマッチするファッションとしての手ぬぐい。

頭を守るファッションで思いつくのは帽子やニット帽です。
夏場になると、帽子がメインですが、筆者が進めるのはずばり、手ぬぐいです。

バンダナを巻いている方がいますが、日本人には手ぬぐいが一番似合います。

手ぬぐいは帽子やバンダナと違って、年齢に関係なくマッチするファッションです。
帽子選びは、色々な形があり、自分の顔の形にあった帽子を選ぶのも大変です。

その点、手ぬぐいは柄選びがあるものの、基本的には長い布なので、選びやすいのです。
手ぬぐいの柄自体も、落ち着いており、基本的には和風なので、年齢を選ばず、ファッショナブルに着こなせることが出来ます。

被らない時は、コンパクトにたためて持ち運びに便利な手ぬぐい。

夏場は帽子をかぶっていると、すぐに汗を掻いて、帽子の中が蒸れてしまう人も多いと思います。

帽子は、暑くて脱いだ後にカバンに突っ込んだりすると、型崩れします。
それが嫌で、ずっとかぶっている方も多いのではないでしょうか?

ハットやハンチング帽など型崩れが気になる帽子は、特に暑がりや汗っかきには、外出時の管理が大変ですよね。

その点、手ぬぐいは室内ではサッと頭から外して、汗を掻いたらビニールにでも入れて、カバンやリュックの中にしまうことも出来ます。しかも、たためるのでコンパクト。

筆者は通勤時のウォーキング時に手ぬぐいを巻いて、汗が流れないようにしています。



帽子に比べてすぐに洗えて、速乾性が高い。

日差しが強い日は、頭と顔を日差しから守るために帽子をかぶる方が多いでしょう。
日よけという意味では帽子や日傘は最強です。

手ぬぐいは顔を隠すことは出来ないので、顔の日焼けを防止することはできません。
そこは手ぬぐいのデメリットなのかと思います。

筆者のように日焼けは特に気にせず、頭皮だけを守りたい場合は、断然手ぬぐいでしょう。

帽子に比べて速乾性に優れており、会社などでも周囲の目が気にならなければ、洗って干しておくことだってできます。

タオルを巻くよりファッショナブル。

よく暑い季節に外で働く、建設業などの方々は、頭にタオルを巻いて作業されています。
筆者も夏場はよく、100円均一などで買ってきた、長めのタオルを頭に巻いていました。

タオルはタオルで吸水性に優れていて、たくさん汗をかく人にとったら便利です。

ただ、ファッションとして見た場合、ちょっと遊びがありません。
その点、手ぬぐいは柄も千差万別、選ぶ楽しみも多いですよね。

ハゲも坊主も、今年の夏はくるっと手ぬぐいを頭に巻いて、粋に決めてみてはいかがでしょうか?
特に和風ファッションなので、坊主頭の方にも最適です。

日本製 頭に巻ける 伝統柄 COOLにアレンジ ガーゼ パイル 和柄 てぬぐい(japanese style-粋/桜かんむり さくらかんむり)

価格:1,080円
(2018/5/22 13:06時点)
感想(3件)

 

頭に巻ける ガーゼ&パイルのてぬぐい 波と龍 日本製

価格:864円
(2018/5/22 13:08時点)
感想(0件)