産後の抜け毛と薄毛

男性だけでなく、女性にも薄毛の悩みがあるようで、今回は産後の抜け毛について調べてみました。

産後は体力が消耗しているだけでなく、男性には分からないストレスも多くあります。
筆者にも子どもがいますが、実家からママが帰ってきて、初めての赤ちゃんのお守は大変でした。

特に、女性にとって体力的にも精神的にもかなりのストレスがかかります。
ストレスは髪の毛にとっても非常にストレス。

産後、こういったストレスによって抜け毛や薄毛に悩む女性は多いそうです。

では、産後の女性の薄毛の原因と時期、対策方法などをまとめてみます。




どうして産後は抜け毛が増えるの?

出産による女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、妊娠中は増加傾向にあるので、髪の毛が抜けにくい状態になります。
それが、産後に女性ホルモンが少しずつ減少していくので、それまで抜けにくくなっていた髪の毛が、抜けやすい状況になっていく。

それが産後の抜け毛と言われています。

妊娠中に抜けにくくなっていたので、産後の女性ホルモン減少で、たくさん抜けてしまうので、びっくりする女性も多いそうです。

男性の抜け毛が少しずつ進行していくのに比べて、女性の抜け毛は量も多いそうです。

抜け毛が始まるのは出産から3か月後

産後の抜け毛が始まるのは、大体3ヶ月後くらいの方が多いようです。
ちょうど、そのころに減り始めた女性ホルモンの影響が髪の毛に出てくるのです。

また、産後3ヶ月後くらいは、病院を退院して、人によっては実家からわが家へ帰ってきます。

一人で自分の赤ちゃんの面倒を見始めて、ストレスがちょうど増え始める時期なのです。
夜泣きやストレスで、夜十分な睡眠がとれなかったり、ホルモンの分泌も崩れる時なのです。

特に最初の出産では、自分一人で赤ちゃんの面倒を見るのは、初めてのことなので、かなりのストレスですよね。

抜け毛のピークは産後5ヶ月〜6ヶ月

抜け毛のピークは5ヶ月から6ヶ月。

人によりますが、産後から約半年くらいまでは抜け毛は続くようです。
ただ、その後は1年から1年半かけて、また元に戻るそうです。

男性と違い、治るのが女性の薄毛の特徴です。




具体的な対策方法は?

いくら、1年後に治るとはいえ、女性の髪は命です。
髪の毛が薄い状態では、外出するのも億劫で、さらにストレスが貯まってしまいますよね。

ヘアスタイルや帽子でカバー。

産後、半年くらい経つと、赤ちゃんの首も座りはじめ、そろそろ外をベビーカーで散歩できる時期です。
ママにとっても、ストレス解消になるので、是非外にでたいところ。

薄毛が気になる方は、帽子をかぶるか、ショートカットにして薄毛を目立たなくさせる。
明るめのカラーで目立たなくさせる方法がお勧めです。

男性の薄毛カバーと発想は同じです。

FAGA専門のクリニックに相談。

FAGAといって、ストレスなどが原因の女性ホルモンの崩れで、薄毛に悩む女性も増えています。
もし、薄毛の進行が激しいようでしたら、ストレスが原因ということもあり得ます。

1年から1年半にかけて、髪の毛が戻るといっても、不安ですよね。
そんな時、女性の薄毛専用のクリニックに相談してみることをお勧めします。

薄毛のクリニックというと、男性のAGAクリニックを思い浮かべる方も多いと思いますが、女性の社会進出に伴い、女性の方でもストレス性の薄毛に悩む方も増えているようです。

若ハゲに悩む人のための読みもの
https://wakahage.org/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%96%84%E6%AF%9B/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%82%82%E8%96%84%E6%AF%9B%E3%81%AB%E6%82%A9%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%82%8B%EF%BC%9F%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%94%A8%E3%81%AE%E8%96%84%E6%AF%9B%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8/
 若ハゲに悩む人のための読みもの 

表参道スキンクリニック

女性の薄毛治療に特化したクリニックで、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄、と全国の主要都市に展開している大手クリニックです。

女性スタッフが対応しているので、初めての方も恥ずかしがらずに相談できます。

治療方法は、血液検査により、個人の状況に応じて、内服薬や外用薬の処方。
頭皮の血流や環境改善のための、マッサージなどの施術が中心となります。

あまりに長引き抜け毛や、大量の抜け毛については、一度クリニックへ相談することをお勧めします。

女子の薄毛治療なら <表参道スキンクリニック>