このサイトは若ハゲに悩む方向けに情報発信しているのですが、今回は育毛や発毛情報でなく、ハゲをからかうのも立派なセクハラであるという話をしたいと思います。主張といっても良いでしょう。

このサイトでも紹介しているように、AGA治療や育毛剤を使っても効果のある人とない人がいます。
完全に若ハゲを治すのは非常に困難で、本人の努力だけではどうにもならないのです。

身体的にどうにもならないことをからかったり、笑ったりすることは、子供のころからいけないことだと教育を受けてきた人がほとんどだと思うのですが、若ハゲについてはどうもからかっても良いものと思っている人もいるようです。

それはどうしてなのでしょうか。




お笑い番組のハゲいじりの影響

昔からですが、お笑い番組では禿げのカツラをかぶってコントをやったり、禿げていることを笑いに変える芸人も多々いました。
現在でもバイキングの小峠さんや、トレンディエンジェルの斎藤さんなどは、禿げネタで売れに売れていますよね。

自分自身のハゲをネタに出来るって、客観的に見ているより、かなり勇気がいるしすごいことです。
お笑い芸人の場合は、若ハゲも芸となりお金になります。

しかし、一般人の場合は恥ずかしい、屈辱以外なにものでもありません。
中には薄毛をネタにしている人もいますが、みんながみんなそうではありませんし、割り切って薄毛をネタにしている人でも陰ながら悩んでいる人の方が多いと思います。

筆者も坊主にしたものの、どこかで薄毛だという認識はあり、「禿げる」という言葉や髪型についての話題になると、話題に入っていけない自分もいます。
ハゲを自虐ネタにしている人は、どこかで人の輪に入っていくために、あえて自虐にしているだけの場合が多いのです。

テレビの影響もあるせいか、日常でも禿げについて笑って良いもの、からかったても良いもの、としている人がいるのも事実です。よくテレビ番組の影響でいじめが流行るということが議論されますが、ハゲネタに関しては誰も何も問題にしないのが不思議でしょうがありません。

女性からの指摘が一番多く、恥ずかしい

よく、女性が自身の胸元に男性の視線を感じる、ということを言いますが、額への女性の視線を感じることも多々あります。
動物の本能として、女性からみたら男性を品定めする本能があるのかもしれません。

悪気のない方もいらっしゃいますが、坊主にした際にもっとも喜んで反応していたのは女性でした。

男性からは不思議なくらい坊主頭のことには一切に触れられず、坊主にして4年くらい経ちましたが、坊主にしたことにふれた男性は未だにいないのです。
ある程度の年齢になってきているせいもあって、あまり違和感がないだけなのかもしれませんが、

女性に関していうと、男性は異性ですので、どうしても外見を意識して見ている部分があります。
これが男性も女性に対してそうですのでしょうがないことです。

しかし、外見のことに関して露骨に笑ったり指摘したりするのは、気分が良いものではありません。
女性でも性的な言動や露骨な外見に関しての指摘を受けたりするとセクハラだ!と騒ぎます。

たしかに、不快なことに対して拒否反応を示すことは大切です。
同じ主張は男性にも言えることで、女性から露骨に若ハゲのことで笑われたり、好奇の目にさらされたりしたら、セクハラと考えてもおかしくないのです。

特に若い女性に関しては、箸が転んでも笑うというくらいに少しでも自分がおかしいと思ったことに対して、相手のことを考えずにリアクションを取るところがあります。実際に筆者も20代後半の頃に、自分より若い20代の女性から露骨に薄毛の頭を見て含み笑いとされるようなことがあり、何と注意したら良いか分からずに非常に嫌な気分になったことがあります。


ハゲをからかうのを止めて欲しいと言う勇気

筆者は若い頃に若ハゲを陰でからかわれたり、直接的に指摘されて笑い者にされた経験があります。
普通の常識的な人は身体の欠陥である薄毛についてはデリケートな部分ですので、直接的に指摘したりはしないものです。

しかし、中にはからかい半分で薄毛のことを指摘してきたりする人もいます。

筆者の経験上、驚いたのが会社の社長であってもそういうことを言ってくる人がいるのです。
飲み会の席で「〇〇くんの薄毛はいつから始まってんの?」なんていうことを、周りの社員が誰も言わないのに、社長が効いてきたのです。その時は正直かなりの驚きと、全社員いる前でかなり恥ずかしさがありました。

筆者は一度、薄毛について指摘してくる先輩社員に「そういうことをみんなの前で言うのは止めて欲しい」とはっきり言いました。そう言うとからかっていた先輩社員は面食らったように驚いて、次からは何も言わなくなりました。

そうなのです。怒らないから言っても良いと思っているのです。

若ハゲをからかうのは立派なセクハラです。

女性のセクハラ問題がよく取り上げられますが、薄毛に悩んでいる男性にとって、そのことを指摘されるのは、その場にいたくなくなるくらいの屈辱なのです。

筆者の経験も踏まえて、当サイトでは若ハゲに悩む方のために情報を配信していますが、ハゲをからかうことも立派なセクハラであることは強く主張していきます。

薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集