坊主頭にするか悩む人

薄毛が進行してどうにもならない、坊主にしようと考えている方は多いと思います。
筆者自身も同じ理由で坊主にしたのでよく分かります。

このサイトでも禿げたら坊主、というのを肯定的に紹介しています。

しかし、若ハゲに悩む20代~30代はすでに社会人の方も多く、中には自分だけでなく周囲の目を気にして、なかなか踏み切れない方も多いと思います。

このサイトでは無責任に坊主を勧めようとは考えていません。
坊主にすることで発生するデメリットもあります。精神的な面や周囲の環境など、色々です。

今回は、禿げたことが理由で坊主にする際に、デメリットとなりうることを紹介したいと思います。



禿げている部分を晒すことになるので、とにかく恥ずかしい。

禿げたから坊主にするという行為は、今まで何とか少ない髪の毛でガードしていた箇所を晒すわけですから、相当に恥ずかしいです。感覚は人によりますが、筆者は非常に恥ずかしかった。

本当にパンツを履かないで外を歩いているような、無防備な感覚になります。
とにかく外出するのが恥ずかしかった覚えはあります。

坊主に踏み切れない理由はここが大きいですよね。
メリットも多々あるのですが、最初の恥ずかしさが坊主にした時に感じた一番のデメリットかと思っています。

ただ、年数が経つと周りの目も慣れてきます。
最初の一年くらいは我慢ですね。

日差しがダイレクトに頭皮を刺激。夏場は帽子必須。

夏場の日差しが結構きついです。
真夏は髪の毛があってもきついですが、坊主にしていると、頭皮に直接紫外線が降り注ぐので、かなり日焼けします。

そうすると、頭皮が真っ赤になったり、かゆくなったりと、かなり頭皮に良くない状況が発生します。
坊主にしたとはいえ、頭皮の状態はどうでも良いわけではありません。

坊主にすると、抜け毛の量が分かりづらくなりますが、薄毛の進行が止まったわけではありません。

夏場の坊主は帽子必須です。

子供にはからかわれやすくなる。

薄毛を短髪で隠していた時より、坊主にしてからは、子供にからかわれやすくなりました。
甥っ子や息子などにハゲハゲと普通にからかわれます。

まあ、子供の言っていることなので、とは思いますが、あまりしつこいと子供でも頭に来ることはあります。

髪を伸ばしていると、子供はあまり薄毛を認識しませんが、坊主にすると途端にからかいのネタになります。



抜け毛の量が分かりにくくなり、知らない間に薄毛が進んでいる。

坊主にすると、髪の毛が数ミリになりますので、抜け毛が多くてもほぼ気が付かなくなります。
これにより、坊主にしたら抜け毛が減った!なんて勘違いしてはいけません。

AGAは治療しない限り進行するのです。

筆者も坊主にして意識しなくなったのですが、確実にM字部分の面積は増えていってます。
40代ともなると、急激に禿げてきたというよりは、徐々に薄毛が進行して、毎日鏡を見ていると気が付きにくくなってきます。

ある時、ふとデパートの鏡で自分を見た時に、ずいぶん薄毛が進行したな、と改めて感じることもあります。

坊主になった姿を見せていなかった知人に会うのは未だに恥ずかしい。

最初に坊主にした時の恥ずかしさについて語りましたが、坊主にする前に会って、坊主にしてから会ってない知人に会うのは、未だに少し恥ずかしいです。

さすがに坊主にしたての頃のような、ドキドキする恥ずかしさはないですが、坊主にして4年近く経った今でも恥ずかしさは感じます。

やはり、心のどこかで薄毛に対するコンプレックスは消えていませんし、坊主にしたのは本意ではない、という気持ちがどこかにあることは確かです。

それほどに、薄毛というのは割り切れない悩みでもあります。



坊主にしたことでよくある質問。Q&A。

最後に、坊主にした際に気になることとして、よく聞かれることをQ&A形式で答えていきます。
今現在、禿げで坊主にしようか迷っている方の参考になればと思います。

Q. 坊主は風邪ひきやすくないのか?

特に頭が寒い、と感じたことはないですし、風邪をひきやすくなったとは思いません。
ただ、寒さの感じ方は人それぞれで、冬場はニット帽を常にかぶっている方もいらっしゃるので、一概には言えません。

ただ、風邪をひきやすいということはないです。

Q. 仕事に差し支えないのか?

これを一番皆さん気になさります。特に営業職だと影響あるんじゃないかと心配なされる方もいらっしゃいます。

もちろん、会社によっては上司の目が厳しいところもあると思います。
坊主頭は本人がよくても、大人としてどうなの?と考える人もかなりいらっしゃいます。

坊主は謝罪などでも使われることのある髪型で、やはり特別なヘアスタイルであることは間違いありません。その辺は会社の空気を読むことも必要かな、と思います。

筆者の場合は、坊主にしてから仕事が減ったなどということは特にありませんでした。
差支えないか?という点については、職場環境によるとしか言いようがありません。

ただ、社外の人はちゃんと仕事出来れば、全然気にされない方ばかりです。

Q. その後の周囲の目は?

自分で思っているほど、周りの人は自分の坊主頭のことをいつまでも気にしていません。

ただ、家族には「髪の毛を伸ばしたら?」とはよく言われます。
自分はよくても周囲の人間はあまり良くは思ってない、ということはよくあります。

友人の家も奥様に「坊主だけは絶対やめて!」と言われているそうです。
やはり、女性の視点から見ると、パートナーの男性がいきなり坊主になるのは、ちょっとご勘弁というのが正直な気持ちなようです。

****

坊主にするということは、人によっては一大決心です。

特に社会人になってからは、さらにハードルが上がるでしょう。
このサイトでは坊主にすることのメリットを紹介してきましたが、デメリットの部分についても今回紹介させていただきました。

物事には良い面も悪い面もあります。

坊主にしようか悩んでいる方は、ご自身の周囲の状況などを鑑みて、よく考えてみてください。
こちらも合わせてご覧ください。