若ハゲと坊主

若ハゲに悩みに悩んで、今、一層のこと坊主頭かスキンヘッドにしてしまおうか、と悩んでいる方。
筆者も20代から約20年近く、悩みに悩んで、スッキリと坊主頭にしました。

正直、最初は坊主にする時と、した後に人に会うことにビビりまくってました。

笑われたらどうしよう、からかわれたり話題にされたら恥ずかしい。
自分で坊主にしておいて、後悔や恥ずかしさが一斉に訪れました。

若ハゲに悩む人のための読みもの
https://wakahage.org/wakahage/20%E4%BB%A3%E3%81%AB%E8%8B%A5%E3%83%8F%E3%82%B2%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%80%8130%E4%BB%A3%E3%81%A7%E5%9D%8A%E4%B8%BB%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%B5%8C%E7%B7%AF%E3%81%A8/
 若ハゲに悩む人のための読みもの 

そんな当時から数年、坊主になって今まで薄毛周辺で怖かったものが、ほぼなくなりました。
いや、皆無に近いです。

ハゲたから坊主は、開き直りに近いですが、開き直った分、ハゲに悩む人にとっては最強の方法なのです。
(開き直りって、何事においても最強なんですよ。)

坊主にしてみて、ハゲていて怖かったことが、怖くなくなった。
どんなことに怖くなくなったのかまとめてみます。



突風でのヘアスタイルの乱れ、もう怖くない。

ハゲにとっての最凶な自然現象は、髪の毛を乱す突風です。
ハゲている人が帽子をかぶり続けているのは、隠すためはもちろん、風のプロテクトも兼ねています。

筆者の場合は、暑がりで帽子はあまり好きではないので、完全に風防止策です。

坊主にしてしまうと、防止の帽子は一切不要。

どんな強い風の日も、下を向いて髪の毛を押さえることなく、真っ直ぐに前を向いて歩けます。

人生だって前を向いて歩けるはず!

汗を掻いて広がりがなくなったヘアスタイルだって、もう怖くない。

ハゲている人には、汗っかきが多いですが、汗もハゲにとっては天敵。

せっかく巧妙に禿げている部分を隠した、ヘアスタイルが一気に崩れてしまいます。
しかも、なかなか乾かない汗の量だと、風よりも最悪な場合が。

坊主にしてしまうと、汗はハンカチやタオルでくるっと頭を撫でればきれいにふき取れます。
頭に熱がこもったりもしないので、暑い季節にはかなり快適です。

汗を大量にかいても、なにも怖がることはないのです。

髪の毛が引っかかったり、掴まれる心配は一切ない。

普通に生活をしていて、あまり髪の毛を掴まれることもありませんが、髪の毛が長いと色々なところにひっかかったりします。
坊主にしてしまうと、その点無敵です。

どこにも引っかからないし、何も気にする必要はない。

よく女性の方で坊主にしたら、坊主が病みつきになった、ということを言われる方がいます。
実は髪の毛って、手入れも大変ですし、生えているのが普通というだけで、結構厄介。

一度坊主にしてしまうと、手のかからなさに驚くことでしょう。



社会人なのに坊主?みたいなことを言われることもない。

坊主にする前は、社会人で坊主はちょっと、、みたいなアドバイスを言われることもあり、かなり心動かされました。
ただせさえ、薄毛に悩んでいるのに、坊主も良くないって言われてしまうと、どこにも逃げ道はありませんでした。

結局、色々な方に止められたにも関わらず、強行突破したわけですが。

一旦坊主にしてしまうと、気を使ってか、そのこと(坊主)に対して言及する人はいなくなります。
(もちろん、陰で言われている可能性は高いのですが)

ハゲに悩んでいる人の気持ちは、ハゲていない人には絶対に分かりません。

どうして坊主にしてしまいたいのか、なんていう気持ちだって想像付かないでしょう。
悩みが分からないので、その人の常識の範疇で、社会人で坊主はやめといた方が良い、となるわけです。

そんな常識、クソくらえ!

坊主にしてしまうと、怖いものはないのです。

謝罪で坊主も怖くない。

よく謝罪で坊主にする、なんていうシーンがあります。
ちょっと前にAKBの方が、丸坊主にして話題になってましたよね。

刑務所もそうですが、「坊主=悪いことをした」というイメージもあります。

万が一、仕事でミスをしてしまった場合、「坊主にして謝りましょう」と気兼ねなく言えますね。
これは坊主の特権です。

もし、あなたの若ハゲや薄毛を笑った人がミスしたら、、、

是非、坊主にして謝れば良いじゃないですか!と肩をたたいてあげてください。

断髪はすでに坊主にして、バリカンの扱いに慣れている慣れているあなたがやればいい。

若ハゲに坊主で怖いものなし。

実際に坊主にしてしまうと、怖いものなし、という感覚になります。
冒頭でも言いましたが、最初は厳しいです。

ただ、それを乗り越えて、坊主がデフォルトになった時、今まで悩んでいたことがすべてリセットされるでしょう。

暑いシーズン、髪の毛が長い人は大変だあ!