禿げてきたな、と感じて来た時、育毛剤や発毛剤を自分で購入して地道に禿げの進行を阻止するのか、クリニックへ行って、AGA治療や植毛をするのか、判断が分かれるところです。

育毛剤はあくまでも予防法に近いものなので、一度進行してしまった若ハゲを元に戻すことは出来ません。

そこで、少しでも元の髪の毛に戻す治療法として、植毛AGA治療があります。
植毛は昔からありましたが、AGA治療はここ数年でテレビCMなどでもやるようになり、有名な治療法になってきました。

未だにこれで禿げが完璧に治るという治療法はなく、選択に迷うところです。
治療費や方法、期間も異なる中で、自分に合った治療法はどの治療法なのでしょうか。

様々な治療法の中から、植毛とAGA治療(投薬治療)について、その効果と期間、費用感などをまとめてみました。



植毛とは

外科手術によって、自分の髪の毛または人工遷移の毛を頭皮に植え込む手術です。
育毛や発毛とは異なり直接的に薄毛部分に対して、毛を植え込みます。

自毛植毛

自分の後頭部の髪の毛を薄い頭頂部や額部分の生え際に移植する手術です。
本物の髪の毛を移植するので、もともと生えていた髪の毛と同じように成長し、定着するのが特徴です。
また、移植がきちんと定着すれば、かなりの短期間で薄毛の悩みを解消してくれる可能性もあります。

一般的には植毛というと自毛植毛が勧められているようです。

ただし、デメリットもあるようで、成長しなかった髪の毛は抜け落ちてしまいますし、AGAの進行そのものを止めるわけではないので、髪の毛そのものが全体的に増えるわけではないのです。
自分の毛の中で薄い部分で補っているだけなので、問題の根本が解決したわけではないということです。

人工植毛

その名の通り、自分の髪の毛ではなく、ナイロンやポリエステルなどで作られた人工繊維の毛を移植する方法です。
自分の髪の毛ではありませんので、長さや量をコントロールできるのが特徴です。

ただ、人工の髪の毛は成長しませんので、定期的にメンテナンスが必要となり、人工毛ですので、人によっては頭皮が拒絶反応を起こすようなこともあるようです。

植毛にかかる費用はどのくらい?

保険適用外です。
治療に費用については、各クリニックで異なるのと、本人が植毛しなければならない面積によって異なります。

基本治療費(手術にかかる主な治療費)+ 植本数に応じた自毛植毛費 = 費用合計
という計算で、グラフトという一つの毛穴から出ている髪の毛の束(株)がいくつ必要かという、単位で計算されています。
グラフトの詳細は手術の方法やクリニックによって変わってくるそうなので、詳しくはクリニックに問い合わせてみてください。

おおよそですが、3000本程度の植毛で100万~160万円程度はかかるようです。


AGA治療

主にクリニックや一般の皮膚科で問診のうえ、主にフィナステリドやプロペシアなどの内服薬を処方されるのが一般的に治療法です。クリニックによっては頭皮マッサージや育毛剤の塗布、カウンセリングなど、様々なケアを行ってもらえます。

植毛とは異なり、新しい髪の毛の発毛を促す治療がAGA治療です。
AGA治療の場合は、最低でも6か月間、内服薬の服用などで様子をみて効果を探るということが言われています。

効果には個人差がありますので、必ずしも髪の毛がはえるわけでもなく、生えても継続して治療を行っていく必要があります。

AGA治療の治療費はどのくらい?

大体月に10,000~30,000円くらいをみておくと良いでしょう。
AGA治療についてはコチラの記事に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

自毛植毛に比べて、期間とメンテナンス費用がかかるのがAGA治療です。

個人輸入による内服薬

AGA治療の継続にはクリニックへと処方してもらう内服薬の費用が定期的にかかります。
そこえ、少しでも費用を減らしたいという方には、個人輸入でフィナステリドやプロペシアなどの内服薬を手に入れるという方法があります。価格も安く、ネット通販で自宅に届くので、仕事で忙しくクリニックに定期的に通うのが難しい方でも続けやすいのが個人輸入です。

ただ、一度はちゃんとクリニックや医療機関で服用しても良い薬を確認すべきだと思います。
副作用があるようですので、自分の身体にあっているのか、専門医にきちんと相談したうえで服用することをお勧めします。

AGA治療でも必ず効果が出るわけではなく、長い期間をかけて医師と相談のうえ進めていくものですので、安易に内服薬を手に入れて服用すれば良いというものではありません。

さらに、個人輸入では粗悪品も出回っているようですので、薬の販売元をきちんと確認して信頼のおけるショップで購入する必要があります。

植毛とAGA治療はどちらが良いの?

最後に、どちらの治療法が良いのかという点ですが、一概には言えません。
短期間で確実に髪の毛を増やしたいのであれば、植毛が良いでしょうし、期間をかけてもじっくりと自分の髪の毛を復活させたいのであればAGA治療かと思います。

ただ、双方ともに費用感も異なりますし、効果には個人差があります。
メリットもデメリットもありますので、まずはAGA治療や植毛それぞれのクリニックに相談して進めるのが良いのかと思います。

最初はAGA治療を行い、効果が出なければ最終的には植毛したりと人によって最終的な手段は異なるようです。
いずれにしても、すぐに簡単に改善するわけではないのが、薄毛の問題です。

治療には長い期間がかかりますので、薄毛が気になり始めたら早めに手を打つことをお勧めします。

<<AGA治療を無料で体験するチャンス!>>
薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集