今回はあんまり役に立たない記事というか、筆者の過去と現在についてです。

20代前半から若ハゲに悩んできた筆者ですが、結婚を機に隠れてやっていた育毛対策を怠るようになりました。

理由は、育毛剤を付けてマッサージしているところを、見られるのがすごく嫌だった。
髪の毛を気にして、必死こいているのを妻に見られることがすごく嫌で、当初は隠れて育毛対策するのが億劫になってきたのです。

結婚した時点で、すでにかなり若ハゲが進行しており、どこかでこの悩みから楽になりたい、という思いはありました。キリのない育毛に疲れていたということもあります。

しかし、やはり育毛対策を怠ると、ハゲは進行します。
もしかしたら、30代もきっちり対策していたら、今は違っていたのかな、と思うこともあります。

今回は、実際に筆者の若ハゲの頃の頭皮の状態と、進行の経緯について書いてみたいと思います。




常に抜け毛と頭皮の状態を気にしていた20代~30代。

ハゲ20代

20代後半から30代前半(たしか?)の写真です。
最近PCを漁っていたら、昔の写真が出てきました。

写真を撮っているあたり、当時から自分の頭皮の状態が気になっていたことは伺えます。
ちょっと髪で隠れていますが、この時点でかなりM字(V字)は進行中ですね。

なぜ裸で写真をとったのかは謎です。
風呂上がりに育毛剤付けてマッサージして頭皮を確認していたので、その流れで裸だったのかと思います。

裸の話は良いとして。
当時は、どんどん進行していく生え際に途方にくれたのを覚えています。

この頃は、スカルプシャンプーとか柑橘系の育毛剤とか、色々と試していました。
この時は、自分がここまで禿げるなんて思ってもみなかった。

効果が目に見えないことで、育毛のモチベーションは徐々に低く。

毎日のように続けていた育毛ですが、目に見えて効果が出ないことで、モチベーションは徐々に低くなってきました。育毛剤もとっかえひっかえで、一ヶ月くらい使って、すぐに次の育毛剤、という具合でした。

しかも、生活も荒れていて、毎日晩酌したうえ、腹いっぱいご飯を食べてました。
30代中盤は、一番太っていて、一番ハゲていた。

結婚して数年経った、この頃から冒頭で書いた隠れて育毛も面倒になり、育毛剤の類は一切使用しなくなりました。

そして、、

そして、これが40代です。

どう、だあああああ!!!

ここまでくると諦めの境地に達してきます。

坊主でごまかしてますが、明らかに進行していますよね。
この位になると、定期的にバリカンで手入れをします。

髪の毛を伸ばそうにも、この中途半端な状態を一度通過しないといけないので、なかなか髪の毛が伸ばせません。



独りで育毛すると必ず挫折する。

AGA治療とかきちんと受けていればこうはならなかったのかもしれません。
育毛って、基本的には現状維持なので、若ハゲに悩んでいる時点で、悩んでいる現状を維持しかできないので、根本の悩みは消えません。

そこに、過剰な期待を寄せてしまうので、結局挫折するのです。
筆者は自分で経験してよく分かりました。

はっきり言って、AGA治療はちゃんとやった方が良いです。
AGA治療がどうこうというか、独りで悩んで対策しても、解決にはならない。

そろそろやばいかな?と思っている人の育毛と、若ハゲになってしまった人、の対策は違います。
育毛は基本的に前者のもの。若ハゲの段階では遅いのです。

自分は大丈夫!とか思ってちゃダメ!
本当にこうなるから!

AGA治療、是非相談してみてください。
本当の本当にこうなるから!

発毛実感率“99.4%”の実績!全国展開のAGAスキンクリニック



にほんブログ村 健康ブログ ハゲ・若ハゲへ にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ